オカモトのちから - 最新機器とのコラボレーション

それぞれの木が持つ性質を見極める

新しいものを入れなければ、進化はありえない。オカモトはそう考えます。

いいものは取り入れる、フレキシブルな体制

時間をゆっくりかけて、いいものをつくる。
でも、家具がない生活をおくっているお客様のことを考えると、少しでも早くお手元にお届けしたい。

だから、オカモトの職人はいつでも「ゆっくり急げ」を合い言葉にしています。「時間がないから」「他の仕事もあるから」「バタバタしていたから」というのは、言い訳にすぎません。

決められた時間の中で、いいものをつくる。
そのために、オカモトでは積極的に最新機器を取り入れています。「機械のように正確」とはよくいったもので、ただただ時間がかかる反復作業には、スピード・仕上がりにおいて機械が最も優れています。

手の道具で削るか、機械で削るかの違いはあっても、木の性質を熟知していなければ、美しく加工することはできません。機械のいいところを認めて、機械に職人の技をプログラムするような気持ちで取り入れています。

得意分野を持ち寄って、自分にないものを学んでいく

得意分野を持ち寄って、自分にないものを学んでいく

産業の発展が進み、昔からは想像もできないような複雑な加工を、機械がやってのけることもあります。美しいアールの加工や細かな穴あけ…。

職人としてはくやしい気もしますが、機械を使うこと=ダメなことではないのです。

職人には職人の、機械には機械の得意分野があります。
機械のいいところを認めて、そこから何かを学ぶ姿勢だけは、大事にしたい。
それが、常に進化を求め、新しいものを積極的に取り入れていくオカモトの考え方です。

コラム-家具づくりの現場から

プランニングやご提案のときには、笑いと、時には冗談をまじえながらのお打ち合わせを心がけています。
いくらお客様と請負人の間柄でも、腹の探り合いだけで終始してしまうのはもったいない!「こんな風にしたい」「こんな風に使いたい」、お客様ごとに想いがあるはずです。
気負いせず、会社の同僚と会話をしているように接していただきたいと思っています。

株式会社オカモト

〒343-0801 埼玉県越谷市野島字川端115-31
tel. 048-974-0202    fax. 048-976-7145

お問い合わせフォーム